Archive for 8月, 2011

住宅造り

火曜日, 8月 23rd, 2011

住宅造りをするときにはまず設計から始まることになります。

設計することでこういう住宅を造るという理想を設計図にしていきます。

このとき打ち合わせをしっかりとすることでより正確な設計図ができるようにしていきましょう。

この通りに住宅は造られていきますから、抜けがあっても気づくことがないこともあります。

設計が終われば住宅会社と契約を締結することになります。

その契約を建築請負契約といいます。

そのあとに工事が始まりますが、まずは地盤調査をして地盤に問題がないかどうかをチェックすることになります。

問題がないようであれば基礎工事が始まります。

基礎というのは住宅と地面との間に設置する住宅を設置する場所です。

基礎があることで住宅を支えることができるのです。

基礎で現在よく使われているのは、ベタ基礎です。

ベタ基礎は布基礎などよりコストも低く、住宅の重量をバランスよく支えることができ、地面と接する面積が大きいので地盤沈下にも強い造りになっています。

基礎工事は施工する業者の技術によって、大きく違いがでてくるところです。

そのため、きちんと施工しているのかを確認しておきたいところです。

特に基礎部分は最終的にコンクリートで固めることになるので、見えなくなってしまう部分です。

配筋工事などは確認しておくようにしましょう。

丈夫な基礎をつくってもらうことで安心して住むことのできる住宅になっていくのです。

住宅の土台となる基礎をしっかりと施工してもらいましょう。

基礎部分をしっかりする工務店は集客をしなくても口コミなどで評判が高まっていったりします。

私の知人が務める大分の工務店では基礎もそうですが、その他の大工や左官さんなどの業者さんが施主から非常に評価されるようで満足度が高く、新規の紹介が多いようです。

そういった部分で探してみるのもいいでしょう。

地盤

火曜日, 8月 2nd, 2011

土地を購入するときに地盤を考えるようにしておくのがいいでしょう。

地盤は住宅を建てるときにとても大切になってくるものです。

地盤の弱さは住宅の弱さにもつながります。

そのため、地盤は調べるようにしなければいけません。

土地を購入した後に地盤調査をすることになるでしょう。

土地を購入する前に地盤調査をすることもできるのですが、勝手にやるわけにはいきません。

土地の売主の許可をとってからすることになりますが、不動産屋に交渉してもらって許可をとってもらうようにするといいでしょう。

土地を購入する前に地盤調査をすることができれば、地盤の弱い土地を購入しなくても良くなるかもしれません。

購入した土地が地盤の弱い土地だったらどうすればいいのでしょうか。

そのときには地盤改良をすることで住宅を建てることができるようにします。

地盤改良をするためには結構な費用がかかってきます。

工法によって差はあるのですが平均100万円近くかかることになります。

先に調べることができれば100万円近い工事費を払わなくてもよくなります。

しかし、理想に近い土地ならば100万円払ってでも手に入れるべきでしょう。

建材のアウトレット品などを施主支給するなどの工夫をすれば住宅の方で100万円抑えることもできるかもしれません。

この間友人が予算が厳しくなってシステムキッチンを公団流し台に替えたそうです。

住み始めてお金に余裕が出来たら替えるみたいです。

土地探しをするときに理想に近い土地に巡り合えることはあまりあるものではありません。

埼玉で注文住宅を建てた友人も、土地探しにはかなり苦労したそうです。

土地のことはしっかりと考えなければいけません。

あまり理想を下げることをせずに土地探しをしていくことが大切なのです。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes