Archive for 9月, 2011

健康な住宅

火曜日, 9月 20th, 2011

健康に過ごすことを意識する人が年々多くなっているようですが、住宅にも健康に過ごすことのできる住宅があります。

佐賀で注文住宅を建てようと考えている知人も健康住宅や無添加住宅と呼ばれる健康志向の家づくりに興味を持っているようです。

それはなにかというと天然素材を多く利用した住宅づくりです。

工務店の集客広告を見ているとみかけたりもするでしょう。

一般の住宅に使われている材料のほとんどは自然の素材ではありません。

例えば住宅の床や壁など多くの部分で使われている板は合板といって板を接着剤で貼り合わせたものです。

接着剤には有害とされている化学物質が含まれていることが多いです。

とはいってもそのような材料が使われていては住んでいる人の健康を損なってしまうかもしれないということで、基準が設けられています。

有害である化学物質としてホルムアルデヒドといわれるものがあってそのホルムアルデヒドが空気中に放散される量によってランク分けされているのです。

ほとんどホルムアルデヒドが放散されないものをフォースターといって星4つのマークで安全だという認定をしています。

ただしホルムアルデヒド以外にも有害な化学物質もあるようです。

それについては有効な対策がなされていない可能性もあります。

それならそういった化学物質が使われていない住宅を造ろうという動きがでてくるのもおかしなことではないでしょう。

自然の素材で造られる住宅のほうがあらゆる面で優れているというわけではありません。

例えば自然の素材を使うので木材が反ってしまったりなどしたりもしますし、気密性や断熱性の面でも一般の住宅に比べて劣っていたりします。

それぞれのメリットやデメリットといったものを考慮しながら自分達にあった住宅を造っていきましょう。

中古の物件

金曜日, 9月 2nd, 2011

住宅といっても注文住宅と分譲住宅があります。

購入するためにはお金が相当に必要になってきます。

注文住宅のために大分で土地探しをしていた友人も大変そうにしていました。

そういった面を考えると中古の住宅やマンションというのも悪くない選択肢の一つになります。

ただし中古マンションの場合は毎月の維持費を払わなければいけません。

中古マンションは集合住宅ですからマンションの共用部分についての修理は住んでいる住人全体で負担を分け合うことになります。

そのため毎月修繕積立金といわれるお金を集めています。

そして定期的に修繕するのです。

ほかにも維持管理費や駐車場代が必要になってきます。

そういうことを考えると中古住宅のほうがいいかなと思うかもしれません。

確かに中古住宅は毎月の支払いもありませんし、駐車場代も払う必要はありません。

ただ同じように修理費が必要になってくることを忘れないようにしておいてください。

最初にリフォームをすることになるとは思うのでしばらくは大丈夫でしょうが、後々のことを考えると毎月リフォーム用のお金を積み立てなければいざというときにリフォームをすることができないということにもなりかねません。

大分でリフォームした中古マンションを購入した知人は中古住宅は手入れが大変だということで諦めたそうです。

共働きになってくると住宅のことにまで中々手が回らないことも多くなってきます。

生活することを重視するなら立地条件や防犯の面でもマンションのほうがうわまわっているということでしょう。

ただ気を使わなければいけないということは確かなのでそういうことを重視するなら中古住宅のほうがお勧めといえます。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes