Archive for 2月, 2012

床にこだわる

日曜日, 2月 19th, 2012

住宅に住むときにこだわりたい部分として床があります。

住宅の大部分を占める床はデザインのことを考えると重視したいところです。

床の印象によってその住宅の雰囲気というものが全く違ってきます。

現在の床はほとんどがフローリングの床です。

フローリングは見た目もよく、手入れも簡単で便利なのですが、使われる木材によって印象が結構変わってくるものです。

通常のフローリングは複層フローリングといって、合板に天然の木の板を貼り付けたものなのですが、厚さもそれほどではなく剥がれたりすると合板がむき出しになってしまいます。

厚いものもあるのですが、その分値段も高くなります。

色々な加工をすることで水に強いフローリングにしたりなどすることができます。

しかしデザインにこだわりたいのなら、単層フローリングにすることをお勧めします。

単層フローリングは無垢材を使ったフローリングです。

無垢材というのは一本の木から切り出した天然の木材のことで、自然の良さを存分に出しています。

時間の経過によって風合いなどもでてきて、味わい深くなるのですが手入れをしっかりとしておかないと傷んでしまったりするので気をつけるようにしてください。

しっかりとメンテナンスをすることが出来る人に向いているといえます。

他に天然の素材を用いたフローリングなどもあります。

例えば竹を使ったフローリングなどがあります。

竹は強度が高いのでフローリングにも適していて、傷もつきにくいのでおしゃれな印象もでるでしょう。

床材をどうするか住宅会社に話を詳しく聞いてみたりするといいのではないでしょうか。

住宅会社をどう選ぶ

木曜日, 2月 9th, 2012

住宅会社を選ぶときにはどのように探せばいいか悩むことも多いでしょう。

とりあえず知っている会社ということで大手ハウスメーカーに行くことも多いでしょうが、大手ハウスメーカーだけに焦点を合わせることはおすすめできません。

それ以外の会社もあることを知っておくようにしましょう。

他の会社として工務店と建築設計事務所があります。

どこに頼むかで住宅造りも変わってくるので、どのような違いがあるのかを知っておくようにしましょう。

依頼する前にできるだけどのような住宅にしたいのかについてのイメージを固めておくことが重要です。

住宅会社で話を聞きながら、イメージを造っていくのもいいのですがその会社のイメージが入ってくるので、自由に考えにくいです。

依頼前ならそういうことがないので、自由なイメージをすることができます。

実際に依頼するときにイメージ通りにすることはできないということも考えられます。

そのときは、建築設計事務所で話を聞いてみるといいかもしれません。

住宅会社の中には自社に合わないということでできないというところもあります。

そのため、設計を得意としている建築設計事務所なら、出来なかったとしても代替案を提案してくれるかもしれません。

色々と調べてみることが住宅造りではとても大切な事です。

住宅会社の営業マンも愛想がよくて話が弾むだけで決めたりしないほうがいいでしょう。

私の親戚も山形で住宅を新築する際にいくつもの住宅会社や工務店と話をしたそうですが、最終的に生活や住空間に関する提案をしっかりしてくれる住宅会社に決めたそうです。

しっかりとした知識を持っているか、それに基づいた提案が出来ているのかなど難しいことですが見極めることができるようにしていきましょう。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes