Archive for 7月, 2014

間取りを変化させられる家

木曜日, 7月 17th, 2014

子どもの成長や自分たちが高齢になった時のことを考え自由に間取りを変化できる家が理想的な家なのではないかと思います。我が家はまだ子どもが小さいので個別の子ども部屋は必要ありません。リビングやリビング横のスペースでおもちゃを広げ遊ぶ日々です。なので一階スペースの充実が重要です。小学生くらいになると次第と自分の部屋を欲しがりだしたり、一人で寝る準備を始める時期にもなります。今まではフルオープンで広々と空間を利用していたのが、寝る空間と遊ぶ空間を分け使い分けれるようにしてあげるといいと思います。その後は受験や試験があり個別で集中して勉強をする部屋を必要とするでしょう。自分だけの空間を与え、自分の物は自分できちんと管理するようにするべきなのです。これを実現するには移動式の間仕切りを用いセミオープンスタイルにしたり、個室としたりすることができます。

可動式の間仕切りには収納機能を持ち合わせたものもあります。収納スペースがたくさんあると物を整理しやすく空間に開放感を与えてくれるので便利なのです。また二階に設けた寝室を、高齢になった時は一階の客間として使用していたスペースを寝室として活用できるようにしておくのもいいと思います。高齢になると階段での移動は大変です。スムーズに日常生活を送れるようにすることは大切なことです。その時々で求める部屋のスタイルは変わってきます。それに柔軟に対応できる家造りをすることで住宅の満足度や快適性は大きく変化すると思います。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes