Archive for 2月, 2015

家事動線

水曜日, 2月 18th, 2015

大抵の主婦は家事動線を意識した家造りをすると思います。
炊事に洗濯は毎日行います。
毎日行う家事にストレスを感じることなく、楽しみながら行えるような家造りをする必要があるのではないでしょうか。
キッチンと洗面室の行き来をスムーズにすることが家事動線を意識する中で一番大事です。
一番スムーズなのはキッチンと洗面室を横一直線に設けることです。
キッチンの奥の扉を開ければ洗面室が広がっている間取りは家事動線を短くしてくれ家事の効率を高めてくれます。

また玄関から直接繋がる洗面室にしておけば、帰宅してすぐに手洗いを行えます。
そしてその奥にキッチンが広がれば無駄な動きをすることなくスムーズな動線となるのです。
しかし土地の形によってはそれを実現できない場合もあります。
我が家はキッチンの背面に洗面室を設けるようにしています。
キッチンと洗面室をなるべく近くに設け動線を短く、またキッチンで家事をしながら洗面室で家事も行えるようにすれば家事の時短にも繋がるのです。

そしてもう一つ忘れてはいけないのが、洗濯物干し場を設ける場所です。
多くの人が二階のベランダに洗濯物干し場を設けていると思います。しかしそれでは濡れた洗濯物を運ぶ際、階段の上りが大変です。
若いうちはいいですが、高齢になった時のことを考えると体への負担も大きいです。
また安全性にも欠けます。
洗濯機を設けているフロアと同じフロアに洗濯物干し場があるといいと言われています。
洗面室に勝手口を設け、その先に洗濯物干し場を設けるのが一番動線も短くスムーズです。
このように一連の動きを想像しながら家事動線を意識しながら間取りを考えましょう。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes