Archive for 7月, 2015

階段下の活用法

月曜日, 7月 13th, 2015

住宅の中に生まれるデッドスペースと言って思いつくのは階段下ではないでしょうか。このデッドスペースをどのように活用するかで、空間の印象は大きく変わってきます。階段下の活用法で一番多いのが収納スペースとしてです。しかし特殊な形状の下を活用することで不満を感じる収納スペースの一つでもあるのです。どのような階段かで階段下の活用法も変わってきます。

最近ではリビング階段が人気です。リビングの中に階段が存在し、リビングのインテリア的な要素にもなっています。このような階段下の活用法で多いのが、備え付けのカウンターデスクを設け、パソコンスペースやママのワークスペースとして活用する方法です。今までは収納スペースとしてしか階段下は活用されていませんでしたが、この空間をあえてオープンなスタイルで活用することで、居住スペースの一部となっているのです。

階段下という特殊な形状でも何の支障なくデスクワークが行えるのも魅力的です。カウンターデスクの上部には棚を設けて空間のアクセントとなるように雑貨を飾るのもいいですし、本を並べて整理するのもいいでしょう。またカウンターデスクの下にはパソコンなどをサッと収納できるように可動オープン棚を設けて、カウンターを使わない時はきちんと片づけられるようにしておくといいでしょう。

我が家の住宅は廻り階段です。階段下にはトイレを設けました。便器を設置している部分の天井は少々低いですが、用を足すのに全く支障なく、階段下という空間を上手に活用することができて満足しています。階段下をどのように活用するかで住宅への満足度も変わってくるので、しっかりと考えて空間を活用しましょう。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes