我が家の家造りは家族の繋がりを感じられ、いつまでも家族のコミュニケーションを大事にできる家にしたいと思い進めてきました。まず迷いなく取り入れたのがリビング階段です。子どもが小さい間はリビングで家族みんなで過ごすのが当たり前ですが、思春期頃になると自分の部屋で自分の時間を過ごす時間が増えてきます。また親と会話をしたり、顔を合わせるのも嫌がり出す年頃です。

このような時期、リビング階段でなければ、子どもがいつ帰宅して、いつ外出したか分からないという日も出てくるかもしれません。リビング階段であればそのような心配はありません。家族の居るリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行けません。リビングで家族が顔を合わせる機会が増えるので、自然とコミュニケーションも取りやすくなります。親は子どもの顔を見ることで変化にも気づいてあげやすくなるのです。

またリビング階段にすることで子どもの犯罪率を減らすとも言われているのです。またリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで一階と二階で会話がしやすくなります。また吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じられることもできるのです。
階段を上がった先の二階のホールは、ファミリースペースとして活用します。子どもが遊ぶスペースとして、また子ども達が共に勉強するスペースとして活用する予定です。ここで子ども達が過ごしていても、吹き抜けに面して設けられたこのファミリースペースは、子ども達の存在をより身近に感じることができます。「ご飯よ~」など声掛けをするにもコミュニケーションが取りやすいことでしょう。家族がいつまでも繋がりを大事にできる家でありたいです。