壁の厚みを利用して、壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースを設けるニッチが非常に人気を高めています。広さに余裕があるスペースにはもちろんですが、スペースに余裕がない場所でも気軽に取り入れることができるからです。壁の厚みを利用するためスペースに影響することがないので狭さや圧迫感を感じないのです。構造や工法によって設けられる位置やサイズが限られてしまうこともありますし、外壁面は断熱材が入るためニッチを設けることができません。

しかし、内壁面の有効に利用できる壁を無駄にせず、上手に活用させたいものです。我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。中でもLDKのアクセントとなっているリモコンニッチ兼飾り棚のニッチは、友人達にも好評です。大きさのあるニッチを棚板を設けて3つのゾーンに分けています。中央部分には、照明スイッチや給湯スイッチ、太陽光モニターにインターホンモニターなどを取り付けています。通常は壁に取り付けられるこれらを一か所にニッチ内に収めたことで生活感を無くし、見た目の印象をスッキリとさせることができています。

リモコンニッチの上部と下部は飾り棚として利用しています。お気に入りの雑貨を並べたり、写真を飾りリビングのインテリアとして重宝しています。他には、洗面室に収納スペースとしてのニッチを設けています。洗濯機の横の壁を利用して設けたニッチ内には、洗剤や柔軟剤など日々使用するものを並べています。取り出しやすい位置に設けていますし、前に扉もないため出し入れがしやすいのです。1坪しか確保できなかった洗面室だけにスペースに影響しない収納スペースがあることでものがスッキリと整理できています。壁の厚みを無駄にしない家造りをしましょう。