我が家はメインの玄関と家族用の玄関と分けました。玄関の動線を分けることで、メインの玄関を常に美しく、スッキリと保てるようになり、急なお客様でもスムーズに対応できるメリットがあります。

メインの玄関の横に設けたシューズクロークを家族用の玄関として利用します。ここにはL字型に可動オープン棚が設けられており、家族の靴を大容量に収納することができています。どこにどの靴があるかが一目で把握でき、オープン棚なので出し入れもスムーズに行えます。そして靴だけでなく子ども達の屋外用のおもちゃやアウトドア用品、工具なども棚に整理することができています。一番下段の棚の下部にはハンガーバーを取り付け傘や靴ベラ、ボールなどを掛けて収納できるようにしています。

そして土間収納スペースも確保しました。ここにはベビーカーや三輪車、旦那さんの趣味のゴルフ用品やサーフボードなどをスッポリと収めることができています。土間収納は屋外で使用して汚れている状態でもサッと片づけられるので便利です。屋外で使用した物を片付け、履いていた靴を片付け、そのままスムーズに室内へ入れるため無駄な動線がありません。

そのため小さな子ども達でも靴や物を片付けて室内へ入るという習慣が自然と身に付きました。メインの玄関に靴や物が散らかることもほとんどありませんし、靴箱など余計なものを設ける必要がなくなり、スッキリとした空間が広がっています。清潔さも大事にしたかったので、シューズクローク側の天井にはナノイー発生機を設置しました。気になる靴のにおいを軽減できています。窓も設置しているため換気面においても心配ありません。玄関は住まいの顔でもあるだけに美しく、清潔感のある空間になるよう心掛けたいものです。