365日休みのない家事はできるだけ効率よく、負担なく行えるように家造りを行っておきましょう。そこで最近では家事を集中して行える家事専用室を設ける家庭も増えています。主婦の憧れとも言えるこの空間では、洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという作業がここ一か所で行えるのです。これらの作業を行う際には通常住宅内を行ったり来たりすることが多く、この動線の長さやスムーズさに欠けることから家事の効率を下げてしまうのです。

家事の中心となるキッチンと、そのキッチンと頻回に行き来をする洗面室を繋ぐ形で家事室を配置しておくことで、家事動線がコンパクトになり効率よく家事を進められるのです。家事動線の短さは家事効率のポイントでもあるのです。

洗面室とこの家事室はウォークスルー型にする家庭もあれば、建具で仕切って家事スペースを個室としても利用できるようにする家庭もあります。天井には室内干しを完備しておけば、雨や雪などの悪天候や夜洗濯を行った場合でも干し場に困ることがありません。洗った洗濯物は水を含み重さが増すだけに、移動することなく洗濯物が干せることで効率が高まるだけでなく、体に負担もかからないのです。

そして壁には床から天井まで広がるクローゼットを設けます。タオル類だけでなく、家族の下着やパジャマ、衣類までここに管理できるようにしておけば入浴の事前準備がらくになるだけでなく、家族みんなが着替えをしやすくもなります。身支度がスムーズに行えると助かります。また、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをする作業カウンターを設け、その周りには裁縫道やアイロンなどここで利用するものを収納できるスペースも確保しておくのです。このような空間があると家事の時短が実現でき、自分の時間や家族との時間をより大切にできるようになるのです。