高齢になると、長年使ってきた家具など、愛着があり中々手放せません。しかし、特に1人暮らしの場合など、ひずんで開け閉めしにくくなった引き出しや、手の届きにくいタンスの上の収納など、使いにくい収納をそのまま使うことは、怪我などの危険を伴う可能性があります。
安心・安全を第一に、使い勝手良くスッキリ快適な収納になるように、改善しましょう。
現状は引き出しがひずんで重いタンスの上に飾り棚があり、タンスの横の収納家具の上には収納ケースが載っています。その横にカラーボックスなどオープンな棚が二つ並び、家具類は買い足したりしていて、統一が取れていません。

まず洋服類を、高さ1mで5段の引き出しにはレールが付き、開け閉めが楽なチェストに収納します。たたんだ衣類は縦に収納すると、収まりやすく、見た目もスッキリして取り出しやすいです。幅は約72、奥行は約41.5cmです。

その横には、マグネット付きの扉でしっかり閉まる、扉付きタイプのポリプロピレンの収納ボックスを3段重ね、使用頻度が高いタオルやハンカチなどを入れます。サイズは幅約54、奥行約42、高さ約31.3cmです。

その横に、文具・小物・書類・写真などを収納するために、組み立て式の扉付きラックを置きます。サイズは幅約75×奥行約44.9×高さ約75cmです。細かい文具などは種類別に分けて、カゴに入れて収納します。ただしこの製品は、とても丈夫で見た目も良いのですが、1人で組み立てるのは難しいので、1人暮らしの場合は、家族などに手伝ってもらいましょう。

家具の色は白と濃いブラウンで統一され、低い家具の上にはペットの写真などを飾り、落ち着いた癒される空間になりました。