Posts Tagged ‘収納’

高齢者に優しい引き出し収納

金曜日, 10月 12th, 2018

高齢になると、長年使ってきた家具など、愛着があり中々手放せません。しかし、特に1人暮らしの場合など、ひずんで開け閉めしにくくなった引き出しや、手の届きにくいタンスの上の収納など、使いにくい収納をそのまま使うことは、怪我などの危険を伴う可能性があります。
安心・安全を第一に、使い勝手良くスッキリ快適な収納になるように、改善しましょう。
現状は引き出しがひずんで重いタンスの上に飾り棚があり、タンスの横の収納家具の上には収納ケースが載っています。その横にカラーボックスなどオープンな棚が二つ並び、家具類は買い足したりしていて、統一が取れていません。

まず洋服類を、高さ1mで5段の引き出しにはレールが付き、開け閉めが楽なチェストに収納します。たたんだ衣類は縦に収納すると、収まりやすく、見た目もスッキリして取り出しやすいです。幅は約72、奥行は約41.5cmです。

その横には、マグネット付きの扉でしっかり閉まる、扉付きタイプのポリプロピレンの収納ボックスを3段重ね、使用頻度が高いタオルやハンカチなどを入れます。サイズは幅約54、奥行約42、高さ約31.3cmです。

その横に、文具・小物・書類・写真などを収納するために、組み立て式の扉付きラックを置きます。サイズは幅約75×奥行約44.9×高さ約75cmです。細かい文具などは種類別に分けて、カゴに入れて収納します。ただしこの製品は、とても丈夫で見た目も良いのですが、1人で組み立てるのは難しいので、1人暮らしの場合は、家族などに手伝ってもらいましょう。

家具の色は白と濃いブラウンで統一され、低い家具の上にはペットの写真などを飾り、落ち着いた癒される空間になりました。

カラーボックスの活用法

木曜日, 2月 22nd, 2018

横倒しにして本棚に
カラーボックスを横倒しにすれば、A4サイズの本や書類がちょうど納まる大きさなので、横倒しにしていくつか積み上げ、本棚にすることもできます。その場合、最下段にキャスターをつければ、掃除や部屋の模様替えのときに楽に動かせます。キャスターは100円ショップやホームセンターなどにある、木ネジ止めのものをつけます。

おもちゃ箱にアレンジ
収納ボックスを入れて、子供用のおもちゃ箱にします。種類ごとに入れる箱と場所を決めると、子供も片付けるようになり、元あった場所が分かるので、次に出すとき探す事も少なくなります。突然の来客でも箱の中にしまうだけで、部屋の感じがすっきりします。ただ、上の段に重いものをおくと、足の上に落ちたり、出しにくかったりするので、上の段は落としても大丈夫な軽めのものを入れるようにしましょう。
カラーボックスは、名前の通り、カラーバリエーションが豊富で、上の子用と下の子用、洋服用とおもちゃ用などで色分けして、楽しむ事もできます。

食器棚の上のスペースを活用
食器棚の上にカラーボックスを横にして置き、天井との間のスペースを有効利用します。縦型のペーパーボックスの中に、紙袋や普段あまり使わないタッパーなどの軽い物を入れておくと良いでしょう。

リメイク
内側にカラフルな布やリメイクシートを貼り付ける、2つのカラーボックスの上に天板を乗せて作業台にする、扉をつける、突っ張り棒をつけて小物を吊り下げる、横に寝かせたカラーボックスにフタをつけて収納付きベンチにするなど、様々にアレンジできます。カラーボックスは、軽くて組み立ても簡単で、1000円以下で買えるものもあるので、色々工夫しましょう。

デスク周りの収納

木曜日, 11月 16th, 2017

シンプルライフの考え方では、要らなくなった物は捨てますが、他の目的で利用できるものは、大いに利用、再生する考え方も大切です。

使わなくなったダイニングテーブルや、長く使って年期が入った書類ケースなどを使って、仕事場のデスクを作ってみましょう。パソコン作業などが多いと、長い時間デスクに居るので、見た目も頭の中もスッキリしておきたいです。白を中心に空間を統一すると、スッキリとさせることができます。

ダイニングテーブルには白い布をかけても良いですが、汚れが気になるたびに、デスクの上の物をどかせて、布を洗濯するのは面倒です。そこで、テーブルをホワイトにペイントします。布は不要になり、サッと一拭きできれいになります。

長年の愛用品の書類ケースも、白くペイントすると、見違えるほど綺麗になり、白いデスクに溶け込みます。書類だけでなく、印鑑、通帳、保証書なども収納できます。ペン立てや時計も白に統一します。一つだけ別の色、例えば籐のケースなどを置くと、印象が柔らかくなり、リラックスする事もできるでしょう。

足元にはこれも白のラックやプラスチックケースを置きます。収納ケースには使用頻度が低い説明書や書類を入れ、プラスチックケースは、ホワイトのマスキングテープを貼って中身が見えないように目隠しすれば、重要書類なども入れる事ができます。

家の中が何となくごちゃごちゃしているように感じられるときは、棚や小物を白で統一すると、スッキリ見えるようになります。そして頭の中もシンプルにして、快適な暮らしを実現しましょう。

ニッチ

金曜日, 3月 24th, 2017

壁の厚みを利用して、壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースを設けるニッチが非常に人気を高めています。広さに余裕があるスペースにはもちろんですが、スペースに余裕がない場所でも気軽に取り入れることができるからです。壁の厚みを利用するためスペースに影響することがないので狭さや圧迫感を感じないのです。構造や工法によって設けられる位置やサイズが限られてしまうこともありますし、外壁面は断熱材が入るためニッチを設けることができません。

しかし、内壁面の有効に利用できる壁を無駄にせず、上手に活用させたいものです。我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。中でもLDKのアクセントとなっているリモコンニッチ兼飾り棚のニッチは、友人達にも好評です。大きさのあるニッチを棚板を設けて3つのゾーンに分けています。中央部分には、照明スイッチや給湯スイッチ、太陽光モニターにインターホンモニターなどを取り付けています。通常は壁に取り付けられるこれらを一か所にニッチ内に収めたことで生活感を無くし、見た目の印象をスッキリとさせることができています。

リモコンニッチの上部と下部は飾り棚として利用しています。お気に入りの雑貨を並べたり、写真を飾りリビングのインテリアとして重宝しています。他には、洗面室に収納スペースとしてのニッチを設けています。洗濯機の横の壁を利用して設けたニッチ内には、洗剤や柔軟剤など日々使用するものを並べています。取り出しやすい位置に設けていますし、前に扉もないため出し入れがしやすいのです。1坪しか確保できなかった洗面室だけにスペースに影響しない収納スペースがあることでものがスッキリと整理できています。壁の厚みを無駄にしない家造りをしましょう。

リビング収納

月曜日, 8月 22nd, 2016

家族が長時間過ごすリビングにはいろいろな物が集まってくる場所でもあります。それだけにリビングにこそ収納スペースを充実させておきたいのです。リビングに物が散らかっているとリビングの快適性は下がってしまいます。実際には子どものおもちゃや外出先で着ていた上着、持ち歩いたカバンなどがいつまでも散らかっていることも多いです。そこで我が家は、テレビボードの後ろ側にウォークイン型の収納庫を設けました。

リビングからは中に収納している物が一切見えないので、生活感を感じさせる日用品から掃除機など大きさのあるものまでしっかりと収納できます。壁一面に棚を造り付け、子どものおもちゃや幼稚園カバンや帽子などもしっかりと片付けられています。一部分をコートクロークにしました。ポールを上下二段に設けたので、大人用の上着と子ども上着をきちんと一時置きできるのです。外出する時もわざわざ二階のクローゼットまで取りに行く必要がないのでスムーズに外出できます。

このようなウォークイン型のリビング収納があることで、物がスッキリと片付けられ、インテリアも引き立つのです。また、とっさの来客時でもサッと片づけられるので重宝しています。各空間に収納スペースが設けられているのですが、意外とこのリビング収納は見落とされがちです。家族が共に長時間過ごすリビングにこそ物がきちんと整理できるスペースを設けておきたいものです。

シューズクローク

木曜日, 1月 7th, 2016

玄関横にシューズクロークを設けるのは今では当たり前のようになっています。シューズクロークがあることで玄関をスッキリとさせることができるのです。最近では靴や傘をたくさん収納できるだけでなく、いろいろな物を収納できる収納力に優れたシューズクロークが人気です。シューズクローク内に広々とした土間収納スペースを確保することで、外で使用するものをしっかりと収納しておくことができるのです。

玄関部分やポーチ部分には外で使用するベビーカーや三輪車、子どものおもちゃにスポーツ用品など置きっぱなしになっていることが多いです。玄関の顔とも言われる部分に物が散らかっていると第一印象も悪くなってしまいます。第一印象を良くするためにも、玄関部分に散らかりがちなそれらをしっかりと収納できるように土間収納スペースを設けるのです。

またシューズクローク内にレインコートやいつも着用する上着を掛けられる収納スペースを設ける人もいます。ここにいつも着用する上着を一時置きしておけば、リビングに上着が置きっぱなしになる状況を避けられますし、外出時はわざわざ二階のクローゼットに上着を取りに行く手間が省けます。我が家の新築住宅にも玄関横にシューズクロークを設けました。玄関部分よりもシューズクロークの方を重視しました。そのおかげで玄関部分には何も置かず、雑貨を飾ったり、靴を脱ぎ履きする時の手すりとなるカウンターを設けただけです。

家族の靴を大容量に収納でき、どこにどの靴があるかが一目瞭然なので家族みんな大満足しています。外で使用するものもたくさん収納でき、玄関の快適性をしっかりと確保できています。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes