Posts Tagged ‘採光’

光の通り道

月曜日, 12月 10th, 2012

友人は先日、御主人の両親からの提案で、両親が住む土地に二世帯住宅を建てて、同居することになりました。

住宅密集地ながら、比較的広い土地を所有していましたので、計画はとんとん拍子に進んでいきました。ただ一つの悩みは、採光です。リビングを南向きにしましたが、南隣りは5階建のマンションが建っています。そこで、工務店さんに採光のことを相談しました。

念願だったリビング階段を動線としてだけでなく、採光のための光の通り道として、活用することを考えました。リビング階段はオープン型の螺旋階段にし、階段の上は、大きな窓を設け、そこから陽の光がふんだんに降り注ぎます。螺旋階段は、細竹を並べた円筒の中にあります。

竹林の中を光が通って、リビングに注ぐようなイメージで、設計したそうです。竹林の中を光が通り抜けていくような、それでいて、竹の円筒形の巨大な照明のようなイメージが最高に気に入って、階段のすぐそばの壁に、ソファーを並べました。階段自体が大きな竹のオブジェのようです。リビング階段にすると、階段下が暗く、閉鎖的で、デッドスペースになってしまいがちですが、オープン階段にし、手摺も竹で格子状にしましたので、開放的になり、むしろ、リビングの特等席になりました。階段の踏み板もフローリングも竹の集成材を選びました。

竹のフローリングは適度な弾力と強度を備えていますので、膝や足首にかかる負担が軽減されます。これから年齢を重ねていく両親だけでなく、動きの激しい子ども達にも最適なフローリングです。日当たりに難があるという逆境があったからこそ、反対にその逆境を大きく展開して、プラスにしていく発想は生まれなかったでしょう。そこに、竹との出会いがありました。数年前、早春の京都の嵯峨野を旅したとき、よく手入れされた竹林を歩きました。我が家の竹林も手入れして、清々しさを保ちたいと思います。発想の自由さが住まい作りの醍醐味と言えます。

窓の配置

日曜日, 6月 24th, 2012

 私の中で、良い部屋というのは、太陽の光がさんさんとふりそそぐ部屋と考えています。

リビングなどは、開口部が大きく広いことが1つの条件になっています。はき出し窓も高さが2m越えるものがあります。庇が長くなければ、部屋の奥深くまで日差しが入ります。太陽の光がさんさんとふりそそぐというイメージです。

しかし、もともと和室というのは、そんなに直射日光が入り込む造りになっていませんでした。畳が直射日光によって色あせてしまうことを防ぐということもあったのでしょう。庇によって、太陽の光が直接部屋に入り込むのを防いだり、障子によって、太陽の光を和らげたりして、優しい明るさを演出していました。

 私が数年前まで住んでいた分譲マンションは、リバーサイドにあり、開放的でしたが、リビングダイニングが西向きなので、西日に悩まされました。日当たりという点では、100%満足なのですが、やはり、初夏から残暑にかけての西日は、室温がかなり上がりますし、ぎらぎらと眩しいばかりでした。マンションということで、ほとんど庇もないため、仕方なく、簾を掛けたり、ベランダ用の日よけテントを取り付けたりしていました。

こんな苦労に懲りて、戸建住宅を建てた時は、南向きにリビングをつくり、西側には、高窓をと地窓を設置しました。高窓を設置することで、換気でき、地窓を作ることで、建物西側の小さな庭も座ったままで眺めることができます。日当たりや通気が悪く、不健康な住まいは言語道断ですが、日当たりが良すぎて、落ち着かず、西日によって室温が高くなる住まいは、やはり、健康的ではありません。部屋の向きにより、窓の配置を考えて、優しい光をふんだんに取り入れ、快適な暮らしを実現したいものです。

Copyright © 2019 家造り・注文住宅の話. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes